teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お魚シンポジウム

 投稿者:カワムツ  投稿日:2017年 1月29日(日)19時12分46秒
  はじめまして。
2月のお魚シンポジウムに興味があります。
予約等必要でしょうか。
 
 

魚の移動

 投稿者:うお座  投稿日:2016年 9月 3日(土)00時04分4秒
  池の水がなくなり魚が苦しそうなのを見ると、助けるために移動させることもよくあると思います。人は優しいですね。  

ミドロ池の池干し

 投稿者:うお座  投稿日:2016年 9月 2日(金)23時46分10秒
   海人様、率直なご質問・ご意見を頂きありがとうございます。
 まず、水産高校ご出身ということで、特定外来魚による在来の生態系への影響(本県平野部に見られる多くのため池といった狭い閉鎖水域では在来小魚が捕食・駆逐された状況にあること)についてご承知で、当会の駆除活動については一定のご理解を頂いていることにお礼申し上げます。

 まず、質問に対する回答・現状説明から始めます。
① 外来魚の捕獲後の取り扱いですが、特に大型魚は、誠に恐縮ですが、悪臭の問題を避けるため焼却場搬入又は現地埋設をしております。(生きたまま堤防の外に持ち出すことは違法行為とされています)
② 子ども達のへの環境教育ですが、地元子ども会などの参加がある場合は、駆除の必要性を含めた学習の場を現地で持っています。今回も地元主催でしたので当初、実施を考えておりましたが、結局地元の子どもの参加は1名ということでやめました。(個別説明を実施)
 なお、駆除に参加した青・成年のほとんどは本活動の常連ですので、あえてしておりません。
③ 捕獲外来魚の計測ですが、その主目的は学術研究に対する貢献でしょう。貢献することにやぶさかではないのですが、仮にそれを行ってもそれが後の駆除・防除活動に具体的に役立つものでないことに加え、充分なスタッフがいないことから行っておりません。ただ、毎回、市並びに県試験研究機関関係者に取組の連絡をしており、その参加がある場合は行って頂いています。

 次に、「駆除に対する自覚を、意味のある駆除を、」という趣旨の殺生に関するご意見に対しては、ひと言「ごもっとも」と思います。
 まず、参加者の表情についてご意見いただきました。どの写真をご覧になってのことなのかわからないのですが、池干し駆除は深い泥の中(通常腰まで埋まる状況です)に入り、重い大型魚の捕獲・運搬を数時間にわたり行う大変な労力を要する作業です。岸にいる者と泥の中にいる者同士が互いに大声を掛け合い、連絡を取り合いながらやっており、作業の終了後には当然のことながら無事終えたという安堵感もあります。そのため、参加者は折々に様々な表情を見せます。
 誠に恐縮ながら、海人様が求められるような厳粛な?雰囲気の中で行うという状況にはございません。

 次に駆除についてですが、それはあくまで手段として行っており、目的は在来の水辺の生態系の回復です。水位回復後は在来魚を放流(参加が得られれば地元の子ども達とともにです。ミドロ池も昔いたという希少在来魚がみられるようにしたいと考えています)し、昔からの生態系を取り戻すこととしており、そこに駆除の意義があるものと考えています。(一方、ごく一部の方々によるものと思いますが、違法放流が行われ、駆除と在来魚の放流が無駄に終わり、要再駆除となっている池が少なからずあります。ミドロ池では何とかそれを防ぎたいと地元と相談しています。)

特に、活動に関係してご理解いただきたい点として、次の3点があります。
① 池干し駆除活動は、通常、地元からの依頼、協力があってはじめてできるものであること、(通常、主催は地元です)
② 池干し駆除は身動きがとりにくい深い泥の中で行う大変な労力がかかる作業であり、好んでやるようなものでないこと、
③ 池干し駆除参加者も海人様と同様に、常識的な考えを持つ一般市民であるということ、

 つまり、地元との関係があって動くものの、「ボランティアで好んで大変な疲れ作業や殺生したいと思う人はだれ一人いない」という常識的な視点を外さないようお願いします。駆除参加者も同様なのです。
参加している者は、より少し在来の生態系を大切に思い、かつほんの少しだけ現状改善に前向きな者であるだけです。
 ため池での駆除活動は、時間の制約の中一気呵成にしないことには駆除が進められない面がある一方で、その場を含め日常生活の中でも駆除に伴う心の痛みに覆いをかぶしている面があります。
故に、当会は、関係する会や人たちとともに心ならずも駆除した外来魚の供養のための法要を寺にお願いし行っておりますことを申し添えます。 (拝)

 海人様は外来魚釣りをされる方であり当方の駆除活動へのご不満は解消されないと思います。私どもの池干し駆除が新聞報道から特異に映ることもあろうかと思いますが、行政でない一市民の集まりに過ぎない私たちがそれを唯一できるうることと考え、泥の中で格闘しながら取り組んでおります。
 本信がくどくなってしまいましたがご容赦ください。

 

釣り人による違法放流について

 投稿者:外来魚を守る会  投稿日:2016年 9月 1日(木)00時08分38秒
  投稿へのご回答ありがとうございました。

「違法放流の確認」については納得致しましたが、最後に個人的な意見として「釣り人による違法放流」とあります。

本当に釣り人だけが放流しているのでしょうか?

私自身、バス釣りをする仲間内では「誰々が何処々に放流した」と言う話は一度も聞いた事はなく、釣りをしている中で放流をしている現場も見た事がありません。

私が実際に聞いた話ではため池の管理者や農家の方が放流した経緯を本人から聞いた事があります。
このような事実は中ノ川水系の2ヶ所のため池(鈴鹿市1亀山市1)で実際に農家の方からお聴きしました。

内容としては鈴鹿市内のあるため池で二段になっている池の上池の土手の補修及び、水底に溜まった汚泥の除去の為水抜きを行い、その際に上池に生息していた全ての魚(在来種、バス、ブルーギルも含む)を下池に放流。
数日後、下池の魚の密度が濃くなった為か酸欠状態のように魚が浮き出した為、浮いている魚(在来種、バス、ブルーギル含む)の一部をタモや投網で捕獲し、軽トラックの荷台に載せた農薬散布用の大きなタンクに入れ、池の近くの中ノ川へ移送して放流をした。

このような事実を確認しております。
その方の話では15年程前との事です。

亀山市内のため池でも同様に池の堰堤を補修する際に水抜きを行い、魚を捕獲し別の池に放流したとの話を池の管理者と言う方からお聴きしました。

現在では違法となっている為、農家の方や管理者の方はそう言う事実を話さないでしょうが、このように釣り人だけでなく、外来種と認識されずに放流されている事はこの地域だけでなく、全国各地で行われている事も伝えておきます。
 

違法放流について

 投稿者:うお座  投稿日:2016年 8月30日(火)22時10分27秒
   ご投稿ありがとうございます。
 違法放流の内容については、既にHPにあげていますが、当該ページを見ましたところ字が小さく見にくかったことと、ご質問をきっかけに一部勘違いがわかり修正しました。お礼言申し上げます。
ご指摘の通り、挙げた池の多くは法施行前から外来魚がいたことと思います。当HPでは、法施行後の池干し駆除により一旦はいなくなった(池干しで在来種だけがいて外来魚が確認できなかった池も含みます)後に改めて見かけるようになった場合は「違法放流の(事実の)確認」としてします。
 加えて、法施行前から定点調査により法施行時以前に生息の兆候が全く見られなかったにもかかわらず、後の定点観測で突然、外来魚の稚魚が多数確認できた池も「違法放流の(事実の)確認」としています。
 これらから見ると、(個人的な意見ですが、)外来魚の放流は、(1)釣りのための意図的な違法放流(放流者の違法認識を問いません)、(2)珍しい外来魚の近くへの放流、(3)目的不明(釣りやすい外来魚を放流?)の3種があるように思えます。
 

20日 ミドロ池 池干しについて

 投稿者:海人  投稿日:2016年 8月29日(月)22時51分59秒
  日々の御活動、お疲れさまです。



20日に行われた池干しについて

お尋ねしたく投稿いたしました。



私は海と魚が好きで水産高校に進み現在、

船員をしている鈴鹿在住の者です。

下船時の楽しみは

家族サービスも当たり前ですが

仲間との魚釣りで、主にバス釣りです。





質問ですが、


①『捕獲された外来魚はどう駆除されるのでしょうか?』


②『外来魚と言えど " 生き物の命を奪う" と言う重要性を "確りと" 駆除に参加されている若者らに伝えられているのでしょうか?』


③『捕獲した外来魚は胃内容物の検証などを行い、統計などを取り、在来魚保全に向けた取り組みに少しでも役に立ち処分されているのでしょうか?』





私は魚が大好きです。

在来魚も外来魚もです。



外来魚駆除という活動は勿論意味のある事だと重々承知しております

一人の釣り人として、子供を持つ親として、



これからも、
彼らの死に意味のある駆除を
宜しくお願いします。




また、駆除員の笑顔の画像、ピースポーズの集合画像などは、
申し訳ありませんが、大変遺憾に感じます。


在来魚を守る為、外来魚の命を殺める自覚を持って行動していただきたいです。


この世に奪っていい命はありません。
 

ジャンボタニシ

 投稿者:うお座  投稿日:2016年 8月28日(日)00時18分55秒
  ご投稿ありがとうございます。
その場所は在来魚が良く取れるところですので、年1回程度遊びに行っているところです。
それまでいなかったのに突然、ピンクの卵がたくさんあり驚きました。
タニシの一種ですから、だれかがどこかの川の下流部(近い所では四日市でよく見られます)で取ってきたものを深く考えず放流したのだろうな、と個人的に考えています。
ただ、稲に害を与えたり、上流部であることから下流部の在来のタニシを駆逐していくことになるのではないかと心配しています。
 

ジャンボタニシ

 投稿者:外来魚を守る会  投稿日:2016年 7月27日(水)03時36分2秒
  2015年6月の調査で横山池から中の川へ流れ出る水路で卵を発見
新に法隆されたものと思われる
          ↑
誰がタニシなんか放流するんですか?
偏見に満ちた調査なんか何の意味があるの?            
 

違法放流について

 投稿者:外来魚を守る会  投稿日:2016年 7月24日(日)20時42分2秒
  下記のコメントの中で「亀山市内ですでに7ヶ所で違法放流の事実を確認」とありますが、本当にそのような事実を確認してますか?
特定外来生物法が施行された平成17年6月1日以降の話ですか?
私は亀山市内のブラックバスについて30年前から釣りを通じて向き合ってますが、この10年程の間で貴方達の活動により駆除され外来種どころか在来の生物さえ消えてしまった池はいくつか見ています。
しかし、ブラックバスが新しく見つかった池、貴方達の言う違法に放流された池は見た事もなく聞いた事もありません。
私はブラックバスが数匹でも居れば捜し出す術を持ってます。(勿論、貴方達には教えませんが)
もし、本当に法律施行後にそのような事実があり、ブラックバスが生息する池が存在するなら公開してもらいたいです。
ちなみに法律施行前に放流された場合は違法ではないです。
その7ヶ所の池が平成17年6月前からブラックバスが生息しているかは私が判断します。
 

農家のもんやが様へ

 投稿者:うお座  投稿日:2016年 4月17日(日)22時54分22秒
  農家のもんやがな様、投稿ありがとうございます。
池干しをした地元の方でしょうか、それとも他地域の方でしょうか、そういった基本的なことがわからないため、どのようなご「迷惑」を具体的おかけしているのかよくわかりかね、返答をどうしたものかと考えるうちに今となってしまいました。

私たちの活動について、事実関係や考えているところを書きます。
まず、池干しそのものの話です。
通常は、私たちは地元の依頼により駆除活動を行います(公共事業等で水抜きする場合は、依頼というより地元の了解のもとで行いますが、その場合はどちらかというと残った大型のコイやフナといった在来魚の保護です)。水利関係者がいますので私たちが勝手に水を抜くことはできないです。池の水を落とすのは地元の方々で、通常は、抜けきる少し前ぐらいから具体的に関わり、最後に駆除活動をします。
基本的にはこのように地元が水を抜いたのちに、その依頼により関わりますので、「農家のもんやがな」様が水利で関係する池であれば、水利の方々とお話頂ければ済む話かと思います。

次に投稿内容に、ため池の自然に対して誤解があるのではないかという点です。
「小川から水を引いただけの池であり魚はいない」という話については、事実誤認でないかと思います。確かに昔は蛋白源確保のためにコイやドブガイをため池に入れたと聞きますが、小川から水を引いた池であれば、通常、小川には、カワムツ、ヨシノボリ、スジエビ類、ドジョウ(条件次第でフナやメダカなども)等がいて、それらが入ってきます。山の根など小川がない池の場合は放流する以外には魚が入りようのない池もあるでしょうが、そうした池でも多くの水生昆虫や水生植物が池に入り在来の生態系を形成します。それらが外来魚によりほとんどいなくなってしまうことを問題と考えています。このように外来魚の問題は魚類に限定されるものではなく水生昆虫等を含めた水生生物全体の問題です。私たちは確かに魚類を前面に出していますが、認識としては魚だけではなく幅広くとらえています。

最後に法令順守ですが、
ブラックバス等の特定外来生物の放流は外来生物法で最大3年の懲役、内水面調整規則では最大6月の懲役という重罰を伴う違法行為とされておりますが、亀山市内で既に少なくとも7か所も違法放流の事実を確認しております。日本に住む以上は日本の法律を守るという当たり前のことについてご理解いただきますようお願い申し上げます。
こうした話をさせていただく質問をいただいたことに感謝申し上げます。
 

レンタル掲示板
/7