teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


第六回「外来魚情報交換会」

 投稿者:琵琶湖を戻す会メール  投稿日:2010年11月 2日(火)15時01分2秒
  こんにちは、いつもお世話になっております。
琵琶湖を戻す会です。

第六回「外来魚情報交換会」のご案内です。

http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2011/exchange11a.html

開催日:2011年1月29日(土),30日(日)
受付:(29日)12:00~13:00
(30日) 9:00~9:30 ← ※9:00以前に建物に入ることは出来ませんのでご注意下さい!!
開催時間:(29日)13:00~17:30
(30日) 9:30~12:00
会場: 草津市立まちづくりセンター(JR琵琶湖線「草津駅」西口を西に200m)
滋賀県草津市西大路町9-6 3階301会議室
http://homepage2.nifty.com/mugituku/map/kusatsu/kusatsu.gif

テーマ:ブルーギル・ブラックバス防除に関する様々な情報の交換と相互交流
目的:ブルーギルやブラックバスの防除に関する様々な情報を持ち寄って発表し、お互いの
情報を交換することによって外来魚防除に対する意識と知識を高め、お互いの連携を深める
ことを目的とする。
内容:外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者も滋賀
県下にこだわらず広く参加を募る。特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、漁業者・行政
・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、外来魚の現状、生態、駆除方法か
ら釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞き手を同じ目の高さにし、
発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに参加者相互の交流も目指す。情報
交換会と懇親会とのセットで1つのイベントと考えている。

プログラム:29日(土)
12:00~12:55 受 付
12:55~13:00 開 会
13:00~18:30 外来魚情報交換会
18:30~懇親会

30日(日)
9:00~ 9:30 受付
9:30~12:00 外来魚情報交換会
12:00 閉 会

※発表テーマは集まり次第発表いたします。

主催:琵琶湖を戻す会
後援:滋賀県(申請中)
協賛:全国ブラックバス防除市民ネットワーク
定員:外来魚情報交換会:先着100名
参 加 費
(全て希望者のみ):外来魚情報交換会:無料(資料代:500円)
懇親会:4,000円(予定)
参加資格:なし
参加申込:事前申し込み必要→http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2011/exchange11a.html#bosyu

◆発表者募集は12月20日で締め切らせていただきます。
◆発表時間は一人15分程度を予定しています。
◆参加者は会場の都合により先着100名で締め切らせていただきます。
◆同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。

ご参加いただければ、 皆さんの外来魚対策活動に必ずお役に立ちます!!

第六回「外来魚情報交換会」 案内&参加申込用紙
http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2011/photo/exchange2011a.pdf

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html
 
 

琵琶湖外来魚駆除大会(本年度最終)

 投稿者:琵琶湖を戻す会メール  投稿日:2010年 9月18日(土)18時08分30秒
  こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。

9月の駆除大会の結果は以下の通りでした。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/2010-09-05/2010-09-05b.html
参加者:150名(新規参加:100名)東京、愛知、滋賀、京都、大阪、奈良、兵庫より参加 駆除重量:37.8kg(ブラックバス1kg・ブルーギル36.8kg)
ご参加、ご協力して下さった皆様、有難うございました。


続きまして本年度最終の駆除大会のお知らせです。

http://homepage2.nifty.com/mugituku/2010-10-17/2010-10-17a.html

目的:琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除を行う

開催日 2010年10月17日(日)...雨天決行
時間   10:00~15:00
※随時参加・随時解散といたします

参加費:大人200円,子供100円(保険料等の実費)(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。
受付:滋賀県草津市津田江1北湖岸緑地※旧志那中湖岸緑地
交通: JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
終点「琵琶湖博物館前」停留所から琵琶湖沿いに徒歩約20分。

駆除方法 : エサ釣り
持ち物: 釣り道具(特に釣り竿・魚を入れる容器)は出来るだけ各自でご準備下さい。
希望者には餌・仕掛けのみ無料でお分けいたします。
また若干数ではありますが、竿を無料レンタルいたします。
仕掛けを準備出来る方はサンプル図を参考にして下さい。

昼食は各自ご持参下さい。(最寄りのコンビニまで徒歩約15分)

お願い:会場にゴミ箱はありませんので、必ずゴミは各自でお持ち帰り下さい。
主催:琵琶湖を戻す会
協力
(順不同) : 守山漁業協同組合
滋賀県漁業協同組合連合青年会

当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。
個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。

会場は足場もよくトイレもありますので、
ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

※なお団体でご参加いただける場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。

このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html
 

琵琶湖外来魚駆除大会

 投稿者:琵琶湖を戻す会メール  投稿日:2010年 8月 3日(火)00時32分22秒
  こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。
本年度後半の駆除大会開始のお知らせです。

http://homepage2.nifty.com/mugituku/2010-09-05/2010-09-05a.html

目的:琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除を行う

開催日:2010年9月5日(日)...雨天決行
時間 : 10:00~15:00
※随時参加・随時解散といたします

参加費:無料 ← 今回は滋賀県と共同開催のため
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。
受付:滋賀県草津市志那中湖岸緑地
交通:JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
終点「琵琶湖博物館前」停留所から琵琶湖沿いに徒歩約20分。

駆除方法:エサ釣り
持 ち 物:釣り道具(特に釣り竿・魚を入れる容器)は出来るだけ各自でご準備下さい。
希望者には餌・仕掛けのみ無料でお分けいたします。
また若干数ではありますが、竿を無料レンタルいたします。
仕掛けを準備出来る方はサンプル図を参考にして下さい。

昼食は各自ご持参下さい。

お願い:会場にゴミ箱はありませんので、必ずゴミは各自でお持ち帰り下さい。

主催:琵琶湖を戻す会
協力:守山漁業協同組合
滋賀県漁業協同組合連合青年会

当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。
個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。

会場は足場もよくトイレもありますので、
ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

※なお団体でご参加いただける場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。

このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html
 

放流・駆除

 投稿者:難しい問題です  投稿日:2010年 7月24日(土)23時40分15秒
  稚アユの放流やホタルの幼虫の餌のカワニナ、放流魚の地域の差
いろいろ問題ありますね。

しかしバス・ギルの虐殺は善悪のつかない子供の前では
どうかと思いますね。
 

コイ

 投稿者:cyto  投稿日:2010年 7月24日(土)07時39分25秒
  たしかにコイの害性はあまり知られてませんね。
バスの駆除記事を載せてる一方、自然の川に錦鯉を放流して微笑ましいかのような美談的記事を平気で載せている新聞をみると呆れます。
 

琵琶湖外来魚駆除大会(本年度初回)

 投稿者:琵琶湖を戻す会メール  投稿日:2010年 3月22日(月)22時48分26秒
  こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。
本年度駆除大会開始のお知らせです。

http://homepage2.nifty.com/mugituku/2010-04-25/2010-04-25a.html

目 的 : 琵琶湖にてブラックバス・ブルーギルなど外来魚の駆除を行う

開催日 : 2010年4月25日(日) ・・・ 雨天決行
時間 : 10:00~15:00
※随時参加・随時解散といたします

参加費 : 大人200円,子供100円(保険料等の実費)
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。
受  付 : 滋賀県草津市志那中湖岸緑地
交  通 : JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
終点「琵琶湖博物館前」停留所から琵琶湖沿いに徒歩約20分。

駆除方法 : エサ釣り
持 ち 物 : 釣り道具(特に釣り竿・魚を入れる容器)は出来るだけ各自でご準備下さい。
希望者には餌・仕掛けのみ無料でお分けいたします。
また若干数ではありますが、竿を無料レンタルいたします。
仕掛けを準備出来る方はサンプル図を参考にして下さい。

昼食は各自ご持参下さい。(最寄りのコンビニまで徒歩約15分)

お願い : 会場にゴミ箱はありませんので、必ずゴミは各自でお持ち帰り下さい。

主催 : 琵琶湖を戻す会
協力
(順不同) : 守山漁業協同組合
滋賀県漁業協同組合連合青年会

当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。
個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。

会場は足場もよくトイレもありますので、
ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

※なお団体でご参加いただける場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。

このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。

次回の外来魚駆除大会は2010年5月9日で、会場は大阪の淀川左岸城北ワンド群です。



琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html
 

バサー様へ

 投稿者:うお座  投稿日:2010年 2月25日(木)23時48分34秒
  バサー様 バサー様はコイの害についてご承知のようですね。我々の取り組みと連携できそうです。 私たちの外来魚駆除へ協力していただくことは求めませんが、コイの害をご存じのバサーさんがその取り除きをされるのであれば作業に協力させていただきます。 近々、ひと池やっつけます、ご一緒しませんか?知行合一です。知っていて行わないことは知らないのと同じだそうですよ。 池干しについて連絡をさせていただきますので、氏名(保険に必要です)、連絡先をご連絡ください。お待ちしております。  

ひどいじゃないですか。

 投稿者:バサーです。  投稿日:2010年 2月16日(火)19時33分19秒
  せっかく僕が良かれと思って書き込んだ文章を削除するなんて
酷いじゃないですか。
僕たちバサーの意見も少しは聞いて下さいよ。
僕がお父さんと楽しんでいるバス釣りを奪わないで下さい。
それにバスも一つの命ですよ?
それを無下に殺すなんてあんまりじゃないですか。
あなたたちは外来魚と言うだけでバスやギルを殺してしまうようですが、
一応コイも中国からの外来魚なんですけど?
コイは駆除しないのですか?
コイも小型の日本在来魚の卵や稚魚を捕食してしまう事をあなた達はご存知ですか?
コイがいる小さな池ではタナゴ類などはコイに捕食されて壊滅的な状態となってしまうのを
ご存知ですか?
だったらきちんとコイも駆除しないといけませんよね?
矛盾してるじゃないですか。
これからはコイも駆除対象にするべきです。
なんですか?
北米産の外来魚は駆除しても朝鮮半島や中国産の外来魚は駆除の対象外なんでしょうか?
それはちょっとおかしいと思いますよ?
 

(無題)

 投稿者:地元民  投稿日:2010年 1月12日(火)00時04分15秒
  うお座の皆様こんばんは。
久しぶりに訪問してみましたが、更新されてないようですね。最近は活動されてないのでしょうか?
バスフィッシングを愛すると称する方々の書き込みがありますが、私の意見を述べさせて頂くと、ブラックバスの入った池はブラックバス以外の在来の小魚は、遅かれ早かれ必ずいなくなります。
また、ブルーギルの入った池は小魚どころか、ゲンゴロウやヤゴなどの水生昆虫も食い尽くされます。
ブラックバス、ブルーギルの駆除はイタチゴッコかもわかりませんが、徹底的に行うべきだと思います。
水中に電流を流して魚を気絶させて外来魚だけを駆除すると言う方法を行っている地域があるのをニュースでみました。この方法ですと、長良川などの広いフィールドでも冬の溜まり場や産卵期の浅瀬を直撃すれば非常に大きな効果があるのではないのでしょうか?法律なども絡んでくるので簡単には行かないとは思いますが、ぜひご検討ください。
私もバスフィッシングは行いますし、日本産淡水魚も好きです。バスフィッシングで池や川に行くたびにブルーギルやブラックバスの繁殖力や貪欲さに驚かされます。近い将来このままでは日本の在来の淡水魚は絶滅するなと心配になります。もちろん、在来魚の生存を脅かすのは外来魚だけではなく河川整備や池沼をコンクリートで固めてしまうことなども大きいとは思いますが。
うお座の皆様、これからもがんばってください!!
応援しています!!!
 

水路の保護について

 投稿者:イチモンジメール  投稿日:2008年12月 3日(水)23時54分42秒
  こんばんは いつも楽しく拝見させていただいております。
私は最近になって日本の淡水魚のすばらしさを知るようになって、三重県各所へ淡水魚を探しに行っています。数年前に鈴鹿市に隣接する市において、三重県でもめずらしいくらいの良い環境の水路を見つけました。水路の底砂を掘ると、30センチ四方を掘っただけでカタハガイやニセマツカサガイ(?)が10個ほどゴロゴロと出てきます。春にはヤリタナゴやアブラボテ、秋には婚姻色で飾ったカネヒラがたくさん泳いでいます。残念なことに、その水路がある地元の住人はそれらのタナゴや二枚貝がどれほど貴重かということが分かってないようです。この水路も何年か後に他の場所のように、三面護岸されて貴重な魚がいなくなるのではないかと思い心配でなりません。
何とか保護をしたいと思っていますが、なにぶん個人ですのでよい考えが浮かびません。
うお座の皆様の活動フィールドは鈴鹿川流域とのことで活動地域外ですが、もしご迷惑でなければその水路の保護に関するアイデアを頂ければありがたいです。
長文失礼しました。
 

レンタル掲示板
/7