スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:116/1967 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

同じ製品の値段が開き過ぎる。

 投稿者:近藤礼三メール  投稿日:2020年 1月15日(水)12時07分54秒
  通報 返信・引用 編集済
  これから厳冬期に向かうというのに我が家のガス・フアンヒーターが故障、使用22年、昨今の10年も耐えない今の家電用品の中では、
稀なる長命、お疲れ様でした。
そこで新たに新品を購入しなければならず、先ずは同等規模の製品の値段を調べた結果、買い方のより以下の1,2のようにひどい値段の差があるのにびっくり。

1.東京ガス公式通販、東京ガスWebショップ
  35号 N0RITZ GFT-4005S-W5 ¥22,279(税込み)(配達料込
    但し 配達迄、前使用品の引取りなし
2.近くの東京ガスライフパル保土ヶ谷店(古くから馴染みの以前の東京ガス代理店)
     同品 正価 ¥58,630 30%引き ¥41,000(税込み)
    但し 配達、据付込み

1は粗大ごみ収集費用は¥200で¥41,000との値段の差はあまりにも大きい。。
ガスは危険、素人は下手を出すなというのが鉄則ですが、フアンヒーターの取り付けはコードの金具を嵌めるだけ。
だいたい、ガス製品は日常生活に必需品で最も身近な製品あるのに、同じ製品が買い方によってあまりにも値段差が大きいのは皆さんもご承知と思います。
なぜマスコミが取り上げないのかなあ?

家内はガスは危険、アフターサービスを考え昔ながら馴染み東京ガスライフパル店にしたらと言うが、収入が限られら年金生活の身では、
お金は大切に使わなけりゃと1を選び、溜まっていたポイントも活用し、合計¥21,129の出費で早速オーダー。

やれやれ、と思って興味半分にアマゾンを見たらなんと¥17,000、税、送料までは調べないが、天下の東京ガスのお墨付きメーカーの製品の値段が約3倍の開き。
世の中、パソコンやスマホも使えないと時に割を食いそうです。


 
》記事一覧表示

新着順:116/1967 《前のページ | 次のページ》
/1967