スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:32/2039 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

犬が歩けば柱が倒れる

 投稿者:石川勝之助メール  投稿日:2021年 7月13日(火)21時12分18秒
  通報 返信・引用 編集済
  Websiteに次の記事が掲載されていた。そのまま引用する。

『三重県鈴鹿市の交差点で2月、鉄製の歩行者用信号柱が倒れる事故があり、県警は、
犬の尿が繰り返し掛けられたことで柱の根元の腐食が進んだ可能性が高いとする調査結
果を13日までにまとめた。現場周辺は犬の散歩コースになっていた。

 県警によると、2月18日未明、鈴鹿市桜島町の交差点にある高さ約6.5メートルの信号
柱が倒れた。けが人はなく、近くのブロック塀が損傷した。耐用年数は約50年だったが、
設置されてから23年しか経過していなかった。

 県警科学捜査研究所(科捜研)が調べたところ、柱の根元から、同じ交差点にある別
の信号柱に比べて約42倍の尿素が検出された。』


どうも不特定多数の「ワンちゃん」が同じ場所で用を済ませていたらしい。法的にはど
のような法律が適用されるのだろうか。もし大きな被害が発生したら誰の責任だろうか。
法律は「器物損壊罪」かな。責任者は不在だとすれば我が国の政治の世界ではよくある
ことなので仕方がないと不問としよう。

今後の取締・管理はどうするのだろうか。信号柱の根元の部分50センチ程度は特殊セメ
ントで保護するのかな。そして「鳥居」のイラストをぶら下げてはどうか。

「ワンちゃん」には日頃税関の麻薬取締班が世話になっているし、盲導犬、家屋倒壊の
際の犠牲者捜査でも活躍してもらっている。だから国外追放ということもできない。そ
のようなことをすれば多分「犬権」蹂躙で「ワンワン」訴えられるだろう。ともかくも
困ったような、微笑ましい様な「ちん事」である。 (^///^)

http://

 
》記事一覧表示

新着順:32/2039 《前のページ | 次のページ》
/2039